抜け毛対策@発毛剤

薄毛や抜け毛に悩んでいるひとは非常に多く、対策としてかつらやヘアサロン、植毛サービスなど様々なものがありますが、その中に育毛剤の開発も対策方法に挙げられます。


抜け毛の予防を考える上で、あまり知られていないことに薄毛の原因についてのことがあります。 抜け毛を予防するためには、自分の症状に対する原因を特定して、それに合った対策を行うことが最も効果が出ます。 抜け毛の大きな原因のひとつとして、男性ホルモンの影響が考えられます。


CMなどでも良く取り上げられているものですが、AGAと呼ばれる男性型脱毛症が男性ホルモンが原因で起こる薄毛の症状ということになります。


男性ホルモンの中には酵素の影響を受けて、ジヒドロテストステロンという物質に変化するものがあり、ジヒドロテストステロンが頭皮の部分の毛母細胞内で結合してしまうために、抜け毛の原因になってしまいます。


このような症状の場合には、抜け毛の原因となっているジヒドロテストステロンという物質の生成を抑える成分が含まれている発毛剤を使用することによって、抜け毛予防の効果があらわれると期待できます。

その他の抜け毛の原因で多い例としては、頭皮の皮脂がつまることが原因で、育毛が妨げられたり抜け毛が起きやすくなります。この場合には油分の少ない育毛剤であったり、油分そのものを抑制する効果のある育毛剤がおすすめとなります。


現在では皮脂の発生を抑える成分が配合されている育毛剤も多数発売されていますので、それらの育毛剤を使用することで頭皮における皮脂の発生を抑えることにつながり、皮脂づまりを解消することで抜け毛の原因を除去する効果が期待できます。 また、頭皮の環境は血液によって栄養素が運ばれることによって健康な状態を保つことができます。


頭皮環境が良くなかったり、血行が悪い人の場合には、血液の循環が良くなる成分が含まれている発毛剤¥を使用することで、血液の流れを良くして頭皮の隅々にまで栄養を届けることが可能になります。